ドッグフードを急に食べなくなった場合。

ドッグフード食べない

いつもごはんをよく食べる子が急に食べなくなるというのは不安になりますよね?

よく「ドッグフードを食べないを食べてくれないんです。」「すぐに飽きてしまうんです。」というご相談を飼い主さんより、伺うことがあります。飼い主さんの多くは「急に食べなくなった」といわれる事が多いですが、話を聞いていくと急ではなく小さなサインを見落としてしまって急に食べなくなった様に感じている場合もあります。やみくもに不安がるのではなく「何が原因で食べなくなったのか」というのがなんとなくでもいいので分かると対策が立てやすいです。

そして、多くのご相談を受けていく上で、飼い主さんにある共通点があります。

ドッグフードを急に食べなくなった場合のチェック項目!

次の項目に愛犬は当てはまりませんか?

・これまでにドッグフードの種類を5回以上変えたことがある。

・レトルトなどの半生のドッグフードを与えたことがある。

・おやつは色々な物を与えている。

・トッピングなどを使った事がある。

・食べないから置きドッグフードをしている。

・人の食物を与えた事がある。

愛犬はグルメなんです。味をしめているかも?

美味しい物を知っている愛犬は、食べなければ次から次へと、ドッグフードを変えてくれる事を知っています。何度も何度も飼い主さんはいろんな物を試しては、買い続けていくしかなくなっているのです。愛犬が喜んで食べてくれる事は、飼い主さんにとっては嬉しい事だと思いますが、それをずっと続けていくと、愛犬が高齢になった時に、とても後悔する事になります。

なぜ後悔する事になるかと言うと、高齢なってくると、より頑固になり食べない癖が抜けない子は、栄養失調になったり、食べない事で弱ってしまう事もあるのです。だからこそ、その癖は若いうちに治す事をオススメします。特に食いつきだけで選ぶのではなく、安全で安心できるドッグフードを使い続ける事が重要なのです。

食欲がない時の対策

・体温程度に温めると香りが強くなるので興味をひけます。

・缶詰などを混ぜると味が濃くなり、たんぱく質・脂質が増えるので犬はとても好みます。

・水分を増加すると口当たりが良くなるので好む子もいます。

・夏の暑い日にはフードやお皿を冷蔵庫で冷やすと食べる子もいます。

※ただし、えり好みをしているだけの時はあれこれ変えるのはオススメしません。最初のうちはよく食べたけど、なれたら食べなくなって次を探していませんか?それは食事の問題ではなく、しつけ(心)の問題の可能性大です!そのまま放置しておくと老後に今まで目をそらしたツケが回ってくるかもしれません。

妊娠授乳期間の場合。

妊娠後期、授乳時期には多くのエネルギーが必要です。たんぱく質の量や質は母乳に影響を与えるので良質なものを選びましょう。脂肪が多いお肉だと乳腺が詰まることもあるので気をつけてください。

置きドッグフードはオススメしません。

ドッグフードを食べないと生きていけないのは、愛犬も理解しているので、ドッグフードを管理する飼い主さんは、自然と愛犬より上に位置することになります。飼い主さんがいなければ食べられない、と理解させる事で、愛犬は飼い主さんに対する信頼関係を強くさせます。

しかし、いつでもドッグフードにありつける環境では、飼い主さんとの上下関係もなくなりがちとなります。例え食べなくても、時間で下げる習慣を行い、30分食べないままであれば下げていつでも食べれない状況を作る事も必要です。

上記、当てはまらない場合の体に関する質問項目。

ドッグフード食べない

1.去勢・不妊手術はしていますか?

去勢をしていない場合、周りに発情中の犬がいて食欲が低下している恐れがあります。若くても、老犬でも関係ありません。半径2km圏内の発情の匂いに反応すると言われています。直径でいうと4km、以外に広いと思いませんか?不妊手術をしていない場合は男の子と違いかなり個体差が出ます。生理の前、最中、生理の後と食べなくなる時期も様々です。

※去勢・不妊手術をしていない場合の食欲低下のコントロールはかなり難しいです。女の子の場合、不妊手術をすればホルモンの影響から解放されるので、生理の影響からくる食欲低下はほぼ無くなります。

問題は男の子の場合です。去勢をすればあら不思議!という訳にはいきません。ある程、発情の匂いに反応するのを学習してしまっていますので、いつ去勢したのかという年齢によって左右されやすい傾向があります。去勢さえすればすべて解決!とはいきません。食欲の低下がやや穏やかになるぐらいだと思って下さい。

犬達は人の様に理性がものすごく働くわけではありません。そこを理解しておく必要があるかと思います。※食欲UPの為に去勢・不妊手術を進めている訳ではありません。

2.お口の中の状態を見ましたか?

口腔内のトラブルは人間でもそうですが食欲と直結します。大型犬と違い小型犬は口腔内のラブルが非常に多いです。グラグラしている歯はありませんか?歯茎が腫れていませんか?

3.血液検査いつしましたか?

病気が原因で食べられない場合もあります。口腔内の様に目で見えるところだと気が付きやすいですが、内臓などの状態は血液検査で分かる事が多いです。特に老犬に差し掛かる年齢の場合要注意です。特に今までごはんを残した事がない子の場合、内臓関係の不調も疑う事をオススメします。血液検査して何も異常がなかったと分かれば、安心です。内蔵関係の場合「食べない」というよりは「食べられない」という表現が正しいかと思います。食事が悪い!と決めつける前に上記のような体の状態がないのか一度きちんと調べてみてくださいね。

すべてのチェック項目に当てはまらない場合。

ドッグフード食べない理由

去勢・不妊手術もしている、口腔内のトラブルもない、血液検査でも異常なしの健康体だった。という場合いきなり100%新しい食べ物にしたりしていませんか?初めての物に警戒するような繊細で敏感な子の場合、なれるのに時間が掛かります。そうでなくてもまったく新しいフードを食べさせる場合「今度から違う食べものになりますよ」と愛犬の心と体にお知らせする必要があります。急に切り替えるのではなく少し混ぜて様子を見つつ切り替える事をオススします。

大きなストレスはありませんでしたか?

引っ越しなどの環境の変化、家族が増えたり、減ったりするような群れの変化、飼い主さんの生活リズムの変化などは意外と食欲に大きな影響を与えてしまう事も。

よく聞くのが「子供が受験」でピリピリしていた、赤ちゃんが生まれたという様な家族(群れ)に関する物です。取り除いてあげられるようなストレスの場合は、取り除いてあげるといいのですが、不可能な変化の場合もありますよね?そんな時はなれるのを待つしかありません。できる事があるとすれば、変化を少なくさせる事です。生活環境が大きく変わる時に食事を変化させるのはあまりオススメしません。環境に慣れるまでは、今まで慣れ親しんだ物を食べさせる方が無難でしょう。

1.の歯や口の中にトラブルを抱えているというのに心当たりがある様であればかかりつけの病院と要相談です。それ以外の場合で、うちの子はよく噛んで食べるという飼い主さんの中に「ごはんをきちんと食べない」「食が細い」「好き嫌いがある」「食べムラがある」というごはんをきれいに完食しないという悩みがある場合が高確率で潜んでいます。 そういった犬達はフードそのものの問題というよりは心の問題が大きいのでフードをコロコロ変えるというよりはなぜそんな不自然な食べ方になってしまったのかを考える必要があるかもしれません。

食欲をカレンダーで管理する方法

食欲がいつ、どんな時にないのか簡単にカレンダーに書き込む事をオススメします。綿密に書き記す必要はありません。食べないのが朝なのか夜なのかというので傾向が分かる場合もあります。食べなかった日に〇をしていくなどすると何か傾向が分かるかもしれません。