化学物質不使用!ケミカルフリーの国産ドッグフード

ケミカルフリー ドッグフード

そもそもケミカルフリーってどういう意味??

「ケミカルフリー」、「ノンケミカル」という言葉を聞いた事は、ございますか??もしかすると女性の方なら、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、「ケミカル」という言葉を訳すと、化学物質という言葉の意味があります。「フリー」、「ノン」は不使用という意味合いになり、主に女性向けの化粧品で、化学物質を使わず、安全性を最優先するための化粧品が開発されているのです。

実はドッグフードにも同じ様に化学物質が添加されている物が多数あります。しかも化粧品に使われる化学物質以上に危険な物がドッグフードにも使われている物もあるのです。なぜ使う必要があるのか?それは栄養を帳尻を合わせるためだったり、保存料だったり、食いつきをあげるためだったり、着色料だったり等に利用されている場合が主なのです。

安価なドッグフードを追求すると化学物質に頼らざるを得ない。

ケミカルフリー ドッグフード

ドッグフードは、価格の根拠が明確ではなく、分かりにくいというデメリットがあります。

茶色の粒を手にとって見ても、茶色だからお肉ぽいと思っても何から出来ている等はなかなか知る事ができません。成分表である程度の事は知る事ができます。例えば主原料が、小麦やとうもろこし等を使う事で安価なドッグフードを作る事が出来ます。品質においても人が口に出来ないもの等、廃棄するような物を集めて、茶色の粒にさえ作れば安価なドッグフードは作れてしまうのです。そして、パッケージに新鮮そうなお肉の写真や犬の写真を使うと、安全そうに見えてしまうという訳です。どうしても飼い主さんには、ドッグフードの価格が先行してしまい、安い理由を知らされないままに買われている飼い主さんが多いというのが現実であるのです。

さらに都合が悪い事に、安価なドッグフードに不足しがちな栄養素は、化学物質で補う事で数字だけの誤魔化しを低コストで行う事が可能なのです。ドッグフードの価格だけを安価にしていく事を最優先とするならば、人が食べられない低品質の原材料と、化学物質に頼れば、1kg100円以下のドッグフードも作る事は可能だと思います。

例えば、危険と言われている「エトキシキン」というダイオキシン系の化学物質は、世界中でダイヤのゴムや除草剤などに使われている合成抗酸化剤です。日本では食品などに直接的に使用は禁止されています。しかし、ペットフードや飼料の添加については、使用可能となっており、人の食品には、添加してはいけないはずが、人よりも小さな体の犬達には使用が出来、ほぼ毎日、一定量の化学物質を口にする事は愛犬にとって、いずれ何かしらの病気に繋がるのではないかと、私共は考えております。

無添加と書いてあるのにカタカナや英語表記の表示?

大袋ドッグフードは油が回りやすい

無添加ドッグフードと言われる物でも成分表を見ると、よく分からないカタカナや英語表記の文字が見受けられます。それでも無添加という表示がある場合は、酸化防止剤に関しては無添加、着色料は無添加、保存料は無添加などなど、どれか一つが添加していなければであれば、無添加ドッグフードと表現できるカラクリがあります。まず成分表を見てしらない原材料があれば、その原材料を調べてみてください。恐らく添加物だったり化学物質の可能性もあると思います。ほんとうの意味で無添加というドッグフードは未だに少ないのが現状です。

海外製のドッグフードは安心?

船便コンテナ

日本で販売されている海外製のドッグフードは輸出入する事が前提なので、輸送における長期的な保存や耐久が必要なため、酸化防止剤や化学的な物が使われているケースがあります。また、長期的な船便のコンテナに入れられて炎天下の元、船で数ヶ月に渡り、輸送されている実態もあります。店頭でドッグフードを見たりするので、あまりこの事実については、気にされない飼い主さんも多いのではないでしょうか?海外で製造されてはるばる船便で来ているドッグフードの流通においても、残念ながら知る事はできないのも現実です。

総合栄養食が本当に愛犬に良いのか?

ドッグフード総合栄養食

これまでドッグフードを選ぶ際は、総合栄養食を最優先にした方が良いと言われ続けてきました。総合栄養食とは、犬が必要とする栄養素をすべて含み、そのフードと新鮮な水を一緒に与えるだけで健康を維持することができるように、理想的な栄養バランスに調整されているドッグフードの事になります。その栄養基準は米国飼料検査官協会AAFCOというアメリカにある機関が定めています。

ただ、その栄養基準を満たすためには、自然原材料だけでは栄養価を構成する事は、非常に難しいのです。また、ドッグフードは人が食べられない原材料で作ったり、人には危険という理由で使用不可の添加物までが使用が可能であるのに、栄養だけは総合栄養食を推奨するという部分に矛盾があると私共は感じています。総合栄養食だから安心、安全というのは言い切れないのが真実でもあります。

もちろん犬たちが好きな時に好きなものを食べれないという理由はありますが、そもそも人間の食物に、総合栄養食は存在しておりません。人間には食品規制や添加物などの法律が定まっています。また、犬にはその規制は存在せず、総合栄養食が最善であるというのは疑問であると長年感じておりました。このように考えるようになったのは、ペット業界に10年以上に携わり、病気に悩む犬や皮膚病に悩む犬。そして老犬介護の現場を経験してきたからなのです。仮に総合栄養食が本当に犬にとって良い物であるならば、こんなにも病気や皮膚病に悩む犬達は増えていないはずです。

ドッグフードに何を最優先として求めるべきか。

代表の河村です。

ドッグフードは愛犬にとっては、毎日欠かせない食事です。愛犬は自分でドッグフードを選択できません、すべては飼い主さんに委ねられているのです。どんなに食いつきが良くても、どんなに栄養価の数字が良くても、どんなに価格が安くても、安全で安心出来るドッグフードを与えたいと最優先にお考えだと思います。

しかし、なかなか飼い主さんも何が安全かどうか悩まれると思います。このドッグフードは本当に大丈夫?安全?等、非常に難しいのです。長い期間、愛犬の体に不要な化学物質を蓄積する事はいつか何かしらの形で症状が出るのではないかと私共は考えます。

そこで

化学的なものに頼らないケミカルフリーのドッグフード

素材本来の栄養価だけで構成したのが「ぺろっと元気ごはん」

ケミカルフリー ドッグフード

こちらの画像は海外製のドッグフードとの消化実験の様子です。濁ることも何かが浮く事もありません。ぺろっと元気ごはんは、化学的なものに頼らないケミカルフリーのドッグフードです。無添加のカラクリのような誤魔化しは一切行っておりません。

素材本来の栄養価で構成した手作りごはんのようなドッグフードです。成分表を見ていただくと伝わると思いますが、目に見えて安心していただけるように飼い主さんがご存知ある素材を厳選しております。手作りごはんを1万食手掛けたペット栄養士監修の元、家庭で作る手作りごはんのように「余分な物は入れない」「使わない」という事にこだわりました。

腸内環境と消化吸収に優れた素材を厳選。

使用している素材は、ビタミン、ミネラルが豊富で栄養学や薬膳の観点から見た時に、腸の動きをよくする物、体を潤してくれる物、日々溜め込んでしまっている老廃物を体外に出してくれる動きのある物を厳選しております。もちろん人が食べられるグレードの素材を使用しています。

特に腸内環境を整えてくれるヨーグルトを採用。ヨーグルトは善玉菌が増殖、腸内環境を正常に働かせる効果、そして、腸の中の有害物質を吸着して排出する効果も期待できます。そして、デトックス効果に期待が出来るスーパーフードのスピルリナ!「スピルリナ」と「パセリ」の併用でワクチンに含まれる重金属を取り除く作用をより強化される相乗効果にこだわりました。日々の自然な食事でデトックスが可能なぺろっと元気ごはんの強みです。そして何より、消化吸収に優れているという事がぺろっと元気ごはんの特徴です。

口コミだけで12万食を突破!ぺろっと元気ごはんを選ぶ飼い主様が増えています。

販売開始から多くのご反響をいただき、12万食を突破いたしました。何より、目で見える安心と安全なドッグフードを与えたいと考える飼い主さんに選ばれております。

ぺろっと元気ごはんは腸内環境を整えると同時に消化吸収に特化しているので、子犬から老犬まですべての年齢のワンちゃんにオススメです。まずはお試しからセットをおすすめします!!

安心と安全が見えるドッグフード【ぺろっと元気ごはん】は、ケミカルフリーのドッグフードです。もちろん小麦やトウモロコシのカスなどのグレインは使用しておりません!目に見える安心をお届けしたいと考えて3年の歳月をかけて開発しました。是非、一度お試しください。これまでのドッグフードとの違いを実感できるはずです。

お試し価格
pggd1k

【1番お得】ぺろっと元気ごはん 1000g
まずは「ぺろっと元気ごはん」を初回限定価格でお試しください。博多ドッグスでは、ひとりでも多くの飼い主さんに「ぺろっと元気ごはん」の良さを実感して頂きたと思っております。今なら体験できる【送料込】お試しモニターセットを3240円でお届けできます。お得に試せるチャンスです。

1000g × 1袋
送料無料

3,000

(消費税込3,240)

(初回限定商品)

無添加・無着色・防腐剤なし、安心安全でバランスのとれた栄養価の高い厳選素材を使用したドッグフードです。

栄養成分

粗タンパク質 20.6%以上 粗脂肪 9.6%以上
粗繊維 2.4%以下 粗灰分 2.2%以下
水分 7.6%以下 代謝エネルギー(ME) 356Kcal/100g

1日あたりの給与量

体 重 1kg~3kg 3kg~5kg 5kg~7kg 7kg~10kg 10kg~15kg
給与量 35g~70g 70g~105g 105g~135g 135g~175g 175g~240g